バランスよく全身をツルツルにできる費用対効果に優れた方法

痛みを感じやすい部分

腕

VIOが痛いと言われる理由

痛いと言われている全身脱毛ですが、痛い部分と全く痛みを感じない部分があるといいます。とりわけ痛いと言われているのが、VIOです。それには大きな理由がありました。VIOというのは、陰部に近く、そのために粘膜との境目にまで体毛が生えています。脱毛サロンでは粘膜までは施術をすることができませんが、医療機関であれば粘膜まできれいに脱毛の施術を受けることができます。しかし、この粘膜というのが曲者であり、全身脱毛をする場合には、レーザーを当てると特に痛みを感じると言われています。それというのも、粘膜に近い部分は摩擦によって黒ずみができてしまっている部分もあるため、それにレーザーが反応して痛みが増すこともあると言われています。もちろん、安全上問題はありませんが、痛みが走って冷や汗をかくことも無きにしもあらずと言った状況です。しかし、全身脱毛ではVIOをはじめとして痛みを軽減するための対策が取られています。それは、麻酔ジェルの使用です。痛みを鈍化させるための麻酔ジェルを痛みが気になる部位に塗布することにより、施術をしても痛みを感じにくくなります。これは、VIOなどの粘膜に近い部分にも使用することができるため、痛みに耐えられないという人でも安心できます。利用にあたっては、予め施術者に依頼をしておく必要があります。もしくは、全身脱毛の施術の途中で耐えられなくなったとき、麻酔ジェルの仕様をお願いすることも可能です。